SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< ヨーロッパどたばた日記 | main | ヨーロッパどたばた日記 >>
ヨーロッパどたばた日記
0
     by 田村夏樹

    11月21日

    *ロンドン
    B&Bで朝食を食べている時ふと外を見ると馬がいるじゃないですか。ペットが馬とは豪勢だな等と思いながら朝食 を終え、ロンドンに向け出発。またもや羊とレンガ。今イギリスの感想は?と聞かれたら間違い無く「イギリスは羊 とレンガです」と答えるだろう。ロンドンのホテルに到着して昼食を前のチャイニーズ・レストランで食べる。すご くおいしかった。
    夕方会場であるロイヤル・フェスティバル・ホールのパーセル・ルームに向かう。大きさといい雰囲気といい、じつ にいいホールだ。ただひとつステージの奥行きがもう少しあったほうが演奏しやすい感じがした。ここもデュオだっ たがイギリス・ツアーの最後という事もあって、一段と気合いの入った(そんな事はないな。どこも気合い入ってた な。)演奏が繰り広げられた。お客さんはそれほどたくさん入ったわけではないが、こういう音楽に慣れている、都 会独特の反応が返ってきて、「おっ、やっぱりロンドンで演奏してるんだなと、あらためて感じさせられた。演奏後 楽屋でかるいレセプションをヤニンカがやってくれたのでいろんな人と話しができた。コンサートの記事が翌々日の 『ガーディアン』(日本でいえば朝日新聞にあたるらしい)に載るそうだ(これもヤニンカがプッシュしてくれた)。 しかしヤニンカ(彼女はキース・ティペットのマネージメントもやっている)には本当に世話になった。名前の知ら れていない僕達をがんがんプッシュして、こんなに素晴らしいツアーにしてくれた。しかもこの時点で帰国すれば、 かなりの黒字になった(おっ、おそろしいー!)のだ。
    | ツアー日記 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/202