SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< ヨーロッパどたばた日記 | main | ーロッパどたばた日記 >>
ヨーロッパどたばた日記
0
     by 田村夏樹

    11月22日

    *ユーロスター
    ロンドンからパリに行くのにユーロスター(日本でいえば新幹線)を使ったがガイド ブックで言われてる程の事はなかった。同じグレードにあたる新幹線の普通車の方が よほど快適だと思った。面白かったのは車内アナウンスがイギリスを走っている時は 英語が先でドーバー・トンネルを抜け、フランスに入ったとたんフランス語が先にな る事だった。当たり前の事かもしれないが何故か「なるほどねえ」と感心してしまっ た。
    フランスに入ったとたんに羊が消えたのも驚いた。景色自体はほとんど変わらないの だが。しかしイギリスでもそうだったがフランスに入っても見渡す限りの牧場や畑。 それが特急列車で何時間も続くのだ。最初はなにげなく眺めていたが、そのうち「こ れだけの規模の農地があれば、いざという時かなりの期間、自給自足できるのではな いか?日本はどうなんだろう?やはり最低限の自給自足ができなくては国として自立 できないのではないか?」という気がして来た。もちろんほんとのところは知らない がユーロスターの車窓からの景色を見ていてそんな事を考えてしまった。

    *クレソン
    パリではトランペッターの沖至さん(9月に日本でツアーをやった)宅に泊まらせて もらった。地下鉄の駅のすぐ近くでスーパーも近くとても便利な所だった。その日は 沖さんが作ってくれたカレーライスを御馳走になって寝たが、その時の付け合わせで 出してくれたクレソンを塩もみしたやつが凄くうまかった。沖さんなかなか料理のセ ンスがいいみたい。
    | ツアー日記 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/203