SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< 逆カルチャーショック | main | 逆カルチャーショックその2 >>
運転席からの日本とニューヨーク
0
     by 田村夏樹

    日本に帰ってきて、半月程前から車を運転し始めたが、イヤーッ、このニュー ヨークとの違い!

    先ず道路が良い。
    この半月、避けなければいけない様な穴は一つもなかった。 ニューヨークじゃ避けられなかった時、車がバラバラになるんじゃないかと思 う様な穴が一般道には至るところ、時には高速道路にも。それでなくてもム チャクチャな運転する連中だらけなのに。周りに神経を使い、穴ぼこに神経を 使い、ソリャアモウ大変。
    次にマナーが良い。
    皆さん実に良く交通ルールを守っているし、狭い道路での擦れ違いなども実に スムーズ。ちゃんと状況を見てチョット待った方が良い時はちゃんと待つ。結 局その方が早く行ける事になるのだが、ニューヨークじゃそうはいかない。 「オイオイバッバカ突っ込んでくるんじゃない!」 状況も見ないで我先に突っ込んで来て、結局ニッチモサッチモいかなくなっ て、喚きあう事になる。3秒待てば何事もなくスムーズに流れていたのに。 信号が青に変わって発進が遅れた時、後ろから鳴らされるクラクションのタイ ミングは、日本は3〜5秒、ニューヨークは0.1秒(5、6台後ろからも鳴 らされる)。
    次に車が美しい。
    十年前渡米した時と比べるとニューヨークも随分きれいな車が増えた。しかし 相変わらず凄まじい車もたくさん走っている。それに比べて日本の車のきれい な事。日本で窓ガラスの代わりにビニールをガムテープで張り付けて走ってい る車、ドアがベッコリと凹んでいる車、火炎放射器で焼かれたのかと思う程塗 装のハゲた車、ガラガラギギギーバババッドカンドカンと今にも分解しそうな 音を出し、白煙を撒き散らかしながら走っている車、こんな車、日本でそうそ う毎日お目にかかれるものではない。
    次に運転者がおとなしい。
    ニューヨークでは運転しながら大声で歌う、音楽に合わせて手拍子をする、ハ ンドルを叩く、天井を叩く、踊りだす、こんな人をよく見たが、日本では静か に新聞や漫画を読みながら運転してる人をよく見かける。
    次に縦列駐車が大変。
    ニューヨークでの縦列駐車はすごく楽なもので、後ろの車にゴツン、ハンドル を切り返す、前の車にゴツン、ハンドルを切り返す、後ろの車にゴツン、 チョット前へ、これでOK。日本でこんなことしたらエライコッチャ、エライ コッチャ。へたしたら警察沙汰である。それはそれは慎重に、ぶつけない様 に、こすらない様に、ソリャアモウ大変。

    整然とルールを守って走る時は絶対日本が楽。マイペースで融通のかたまり的 運転がしたかったら絶対ニューヨーク。
    良く言えば、まじめでおとなしい日本。
    良く言えば、ハッキリした意思表示、人間的なニューヨーク。
    悪く言えば、自分勝手、強引なニューヨーク。
    悪く言えば、何を考えてるかわからない、ロボットの様な日本。
    これが今、ハンドルを握りながら感じた日本とニューヨークの違いです。

    | エッセイ by 田村夏樹 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。