SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< 『*****』 | main | 忘れ物 >>
パークスロープ
0
     by 藤井郷子

    ニューヨーク、ブルックリンのパークスロープという地域に住んでいる。
    ここに越してきたのは、1996年1月、ボストンの隣、ブルックラインから来た。
    Brookline, Brooklynと、町の名前が似ているせいか、今だに旧住所に手紙を出してしまう人がいる。

    ニューヨーク市は、マンハッタン、ブルックリン、クィーンズ、ブロンクス、スタテ ンアイランドからなる。日本では、ニューヨークは治安が良くないというイメージが 強いが、アメリカの大都市の中には、もっと治安が悪い所がたくさんあって、ニュー ヨークはワースト5にも入らないそうだ。でも、ニューヨーク市だけで毎日起きる事 件で、充分日本全国の1日のそれを上回る。はじめてニューヨークに来たのは、19 84年12月だった。その頃に比べると、街ははるかにきれいになったし、治安はず っと良くなっている。
    私が住んでいるパークスロープは、プロスペクトパークというニューヨークではセン トラルパークに次いで大きな公園がある。その公園に向かって、町はなだらかな登り 坂となっている。パークスロープという名前はそこからついたのだろう。以前住んで いたブルックラインは大変安全な所だったので、越してきた頃はやはり緊張した。ニ ューヨークの中でもあまり治安が良くないとされるブルックリンにあって、パークス ロープは比較的安全な地域といわれている。

    このあたりは、昔ヨーロッパから移住し た豊かな家族が住んでいた「ブラウンストーン」とよばれる地下1階地上3階程の建 物がたくさんある。昔は1家族が使用人と住んでいた建物が、今は数所帯がすむアパ ートとなっている。セサミストリートに出てくる、茶色っぽい建物で、玄関に歩道か ら10段ほどの階段のついているあれだ。
    どうしてこのあたりに住んだかというと、マンハッタンよりのんびりしていて、公園 が近く、マンハッタンのダウンタウンにすぐ出られて、地下鉄の駅にも近く、ブルッ クリンにあってもわりと安全で、、、と、色々理由はあるのだが、一番の理由はミュ ージシャンが多いからだ。住民は楽器の練習に理解があるし、別にいつも一緒にいる 訳ではないが、近所に友人のミュージシャンがたくさん住んでいるのは、なんとなく 心強い。住んで1年以上経ち、この町にもすっかり慣れてきたが、今だに慣れない事 がある。安全といわれるパークスロープの、7th アベニューという一番人通りの多 い商店街にある郵便局の窓口だ。局員に小包を渡す窓口が、二重の防弾ガラス扉でで きているのだ。局員側のガラス戸を閉めないと、こちら側のガラス戸が開かない構造 になっていて、小包を置いたら、こちら側のガラス戸を閉める。それでようやく局員 側のガラス戸が開けられて、小包が局員の手に渡る事になる。局員と利用客の間には 、常にどちら側かのガラス戸が閉まっているのだ。はじめて見た時は、とてもショッ クだった。つまり、比較的安全といわれるこの付近でも「そういう事が起きるだろう 」という事だ。ある時、窓口に並ぶ列の中の6才位の女の子が、母親に、どうしてガ ラス戸があるのかと聞いていた。母親は「銃をうつ人がいるからよ」と、答えていた 。なぜかとても悲しい気持ちになった。

    | エッセイ by 藤井郷子 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/236