SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< ベルリン生活 | main | ベルリン生活 >>
ベルリン生活
0
     by田村夏樹

    10月27日(木)

    今日は日本で言うNTTみたいな所が電話の線を繋ぎに来る。例に寄って8時から12時の間という事だったが、こちらも慣れてきて、まあ早くて10時だろうって事で落ち着いて朝の用事が出来るようになった。10時過ぎベルが鳴った。ほらね。お兄ちゃん、部屋の差し込み口をチェックして、地下室に行く。壁に取り付けてあるボックスのカバーを開け、場所を確認して線を繋ぐ。まさに線を繋ぐのだが「ひええっ、こっ、こんな細い、ちゃっちいもんなんですか?」古くてホコリだらけ、薄暗い地下室。これで世界と最先端技術で交信してるのかと思うと何だか不思議な気分。部屋に戻りルーターを繋いで帰ろうとするので、慌てて「電話番号は?電話番号教えてくれなくちゃ」「僕は知らない、電話会社に訊いてくれ」「あっ、そう。そうなんですか」

    早速昨日買った電話機を繋いでみる。勿論説明書はすべてドイツ語。「英語も付けておいてよ」カミさんとああでもないこうでもない、これが絵と同じ形してるからこっちだよ、いやここに差し込むんじゃない?とか。さんざんやってみるがうまく行かない。電話会社のアリスに電話したが、「英語で」と言うと「ナイン、ナイン」と言われ、切られてしまった。「ひっでええー」しかたなくY君に電話して、夜仕事帰りに来てもらうことにした。言葉が通じないって大変!

    午後、隣のモールへ延長コードとピーラーを買いに行く。しかし人間一人が生活して行くためにはもの凄い数の道具が必要なんですね。もし時間があったら、身の回りの物全部を書き出してみてください。身体一つで暮らしてる野生動物偉い!!

    夕方Annaが来てドイツ語レッスン。彼女は管理会社にも連絡を取ってくれて、地下室のトランクルームの事や電気代の事、管理人の事等も訊いてくれている。カミさんが作ったタイカレーを一緒に食べて、いろいろ話していたら、Y君が来てくれた。アリスに電話してくれて、無事電話が通じた。言葉が通じるって凄い!無線LANOK。いやあこれで安心してネットが使える。AnnaY君が帰ったあと早速使ってみたが、いままでの遅さが嘘の様。早くて嬉しい。これだったらスカイプの音声も途切れないだろう。

     


    | エッセイ by 田村夏樹 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/296