SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< ベルリン生活 | main | 低音障害型難聴 >>
ベルリン生活
0
     by田村夏樹

    11月8日(火)

    午後ニューヨークに済んでた頃からの知り合いで、チェリストのオーキュン・リーが来る。ケーキを持ってきてくれたが、美味しかった。メーリングダムにあるケーキ屋だそうだ。オーキュンといろんな話をしていたら、電話がかかってきた。例に寄ってドイツ語。「イングリッシュ、プリーズ」と言ったら「ナイン、ドイッチェ」と言われる。多分ピアノの運送屋がもうすぐ着くと言った(と思う)のだろう。しばらくして、来ました。ピアノが来ました。アップライトだが、部屋の感じが変わる。存在を主張する楽器ですね。ほどなくオーキュンも帰ったので、税関から通知が来ていた荷物を取りにインスブルッカープラッツに行く。受付は6時半までだが、6時少し前に着いた。待ってる人が思いのほか少なく、結構早く済んだ。おまけに今回はお金も払わなくて済み、「オオッ、ラッキー!」と言いながら帰宅。パーティーの残り物で美味しい夕食。

     

    今日で丁度一ヶ月になるベルリン生活、ピアノも入って、なんとか一段落(Visaは12月だが)したし、切りが良いので一旦打ち切りにします。何か特別な事が起こったら、また随時書く事にしますので、時々覗いてみて下さい。読んで頂きありがとうございました。


    | エッセイ by 田村夏樹 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/308