SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< マヨルカギックリツアー(2012.8.15-8.19) 3 | main | マヨルカギックリツアー(2012.8.15-8.19) 5 >>
マヨルカギックリツアー(2012.8.15-8.19) 4
0
     by 田村夏樹

    今日も不味い朝食でスタート。食堂にはいろんな種類の物が豪華絢爛に並んでいるが残念ながらほとんどが不味い。でも昨日は無かった目玉焼きを藤井が食べた所、「アッ、美味しい!」僕はまたミニデニッシュ2個とコーヒー。まあ家での普段の朝食と似たようなものなので、別にいいんですけど。

    部屋に戻り仕事の準備をする。昼にホテルのロビーで黒木さん夫妻と待ち合わせ。昨夜の演奏後に「じゃあ明日の昼食は何かご飯ものという事で」という話になったのだ。ホテルから車で2〜30分のSINEUという町のMoli den Pauというレストランに連れて行ってもらった。風車小屋をうまく使って素晴らしい雰囲気のレストランにしていた。イカに具を詰めたもの、シシトウ、パエリア等を食べたが、どれも凄く美味しかった。夫妻の話も面白く、楽しい時間でした。5時半に迎えの車が来る予定なので、4時半にホテルまで送ってもらった。時間通りにまたベンツが来た。今日の会場であるミロ・ミュージアムへ。迎えにくる時間が知りたいからと運転手のお兄さんも会場まで一緒に行ったが、藤井と腰痛話で盛り上がっていた。英語を全く話さない運ちゃんだが、身振り手振りで、腰のすぐ上の背骨が一つ潰れているということが判った。まあ周り中、腰の痛みを経験している者ばかりだ。

    ステージに行くと、ピアノがステージの上手側にセットされている。ジミーたちも到着したので、藤井が普通はピアノは下手側に来るし、その方が演奏しやすいと思うと話をしたところ、少し手間取ってから、じゃあ動かそうという事になった。どうして手間取ったのだろうと思っていたら、リリーが藤井に耳打ちしたそうだ「このPAの人達、去年もめたのよ。凄く感じ悪い人達」藤井は「ええっ?じゃあピアノ動かしてくれって言わなきゃ良かったあ。ごめんね」このステージセッティングはジミーが提出していたそうで、お互いの顔が見やすいだろうと思ったらしい。返しのスピーカーや配線をどけて、ピアノを動かした。マヨルカに到着するなり、コルセット探しに奔走さしたり、昨年もめたPAの人に又面倒な事を頼ませたりで「ごめんねー、私トラブルメーカーだねえ」と藤井。サウンドチェックが始まって直ぐに会場の斜め前にあるマンションの8階くらいのベランダでおばさんが喚きだした。バンドの音をかき消す程程の大声である。何を言ってるのか判らなかったが、「ポリス!ポリス!」というのは聞き取れた。皆の話では会場の直ぐ隣の道でドメスティックバイオレンスが起こっていたらしい。おばさんのマンションからそれが見えていたらしく、ポリスを呼んでくれと騒いでいたらしい。スタッフやバンドの皆と見に行ったが女の人が歩道に座っているのが見えた。もう納まった様だった。リリーが携帯で警察に電話したが誰も出なかったそうだ。そっちの方が怖いかも。気を取り直しサウンドチェックを終了。少し休憩して本番。今日は映画とのコラボではなく演奏だけだったが、会場一杯のお客さんが喜んでくれて良かった。ジミーが「ピアノはぎっくり腰をやって大変なサトコ・フジイ!」と紹介するが、直ぐに立ち上がれない藤井は座ったまま首だけでおじぎしている。

    終わって楽器を片付け、ピアノの所に行くと、藤井が誰かに手をマッサージしてもらってるではないか。驚いて訊いてみると今日お客さんで来ていたおばさんで、ジミーの友達でもあるチキという人だった。彼女は増永静人氏の指圧を学んだそうだ。10分程手の指圧をやってもらっただろうか、立ち上がるのが嘘のように楽になったそうだ。若干痛みは残っているものの、藤井はびっくりするやら嬉しいやら。そもそも一度立ち上がって歩き始めてしまえば、ほとんど痛くはなかったので、これで立ち上がるのが平気になればしめたものである。

    スタッフ全員で遅い夕食を会場のカフェで食べる。その時出て来たサラダが素晴らしく美味しかった。トマトが主だが、いろんな野菜が入っていて、塩とオリーブオイルとレモンとバルサミコとガーリックを使っていると思うのだが、絶妙な味付けだった。

    タイミングを見計らって連絡してくれたようで、丁度食べ終わった時に迎えの車が来た。いつものベンツでホテルへ向かうが二人とも車中でぐっすり寝てしまった。部屋についてシャワーを浴び、またアッという間に寝てしまった。

     

    続く
    | ツアー日記 | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/315