SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< 混沌のフランクフルト空港 | main | ベルリン生活 歯医者 >>
2013年 年の瀬に
0
    by 藤井郷子


    「浦島太郎」っていうのは、おとぎ話なんかじゃなくて、現実なんだと最近つくづく思う。いつの間にか、55歳になっちゃった。途中抜けているような気がして仕方ない。きっと、みんなそうなんだろうとは思うが、年齢に対する自覚がゼロ。

    今年ももう2時間弱で終わろうとしている。ベルリンで年を越すのは2回目、暗くなって来たとたんに外は花火の音がそこら中でしている。ニューヨークのニューイヤーイブの花火とは違い、こちらは、一般市民がその辺の道ばたでけっこう大きな花火を打ち上げる。酔っぱらいが多いので、きわめて危険。救急車が走り回っているところを見るとけが人もたくさんでているに違いないと思う。クリスマスに各地からベルリンを訪れた友人達とのイベント続きで、ふたりで風邪気味の上、田村は歯痛が始まり、来年早々の根幹治療が必要という事もあり、大晦日はふたりで静かに過ごしている。
    2013年は私にとっては、最高の年だった。4月にドイツ、ビーレフェルドでのフェスティバル3日間をキューレートさせてもらい、8月にニューヨークのストーンで一週間のレジデンスで演奏、シカゴ・ジャズ・フェスティバルではFujii Orchestra Chicagoで委嘱作品での出演。CDma-do ”Time Stands Still”, New Trio ”Spring Storm”, Solo “Gen Himmel”, Kaze ”Tornado”の4作をリリース。私としては、どれも満足の音楽だ。来年は1月に初のベルリンオーケストラでのコンサートと録音を予定している。
    人生っていうのは、どうも小学生の時思っていたように長いものじゃない。過ぎた時間が長くなればなるほど、時の経つのはますます速くなると思う。それでもなのか、それだからなのか、私はやたらとジタバタとする。2014年も突っ走ります!
     
    | エッセイ by 藤井郷子 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/318