SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< 2015年Kaze 北米ツアー | main | 2015年Kaze 北米ツアー-3 >>
2015年Kaze 北米ツアー -2
0

    5/20
    ツアーで大変なのは、実は演奏よりも移動。ときには、ホテ ルの部屋に戻るのが夜中の1時や2時、翌日の出発が朝5時前だったりもする。今日は移動なしの楽な日。朝食をホテルでとり、ランチは近くのチャイナタウン で飲茶に行こうという事になる。昼間暇でも、体力温存のために観光なんかはしない。道中で体調崩したら、とんでもなく辛い事になる。ピーターとクリスチャ ンは飲茶、初体験。だいたいヨーロッパは北米のようにチャイナタウンもないし、中華料理よりタイやベトナム料理のほうがポピュラーだ。田村が事前に調べた 店は、いながらにして中国、というかんじのお客さんも中国人の多い店。不慣れのフランス人ふたりは、中国パワーに押されて呆然としている。ビールを頼んだ ら、グラスが来なくて、レストランなのにグラスが来ないの?とカルチャーショックを受けている。呆然としながらも、おいしく頂いて、食後はホテルの前のエ スプレッソバーでコーヒー。チャイナタウンとの雰囲気の違いがすごい。午後は、私は6月の東京と神戸でのオーケストラの譜面作りに追われる。コンピュータ があれば、ほぼなんでも仕事ができちゃうという、ツアー中でも便利すぎてのんびりできない環境にある。
    夜 6時にホテルから会場まで、また徒歩で出発、途中、夕食に寄ったレストランでワインを1本。私も田村も、本番前のアルコールは、演奏不可能になるので、グ ラス4分の1だけおつきあい。クリスチャンとピーターで一本開けて、ふたりともケロっとしている。彼らはビールとかワインじゃ全く酔っ払わない。日本人の アルコール分解と、根本的に違うみたい。
    今夜はトロントのミュージシャンたちと組み合わせを色々と変えてのインプロナイト。カメラを5台設置して、その画像をリアルタイムでミックスした映像も使う、マルチメディア公演。こちらの動きが映像に影響される事に気づいた田村が、踊り出す。夫が天才だと何かと苦労する。
    トロントの熱くて、真摯で、誠意あるミュージシャンとの出会いは、大きな収穫だ。
    | ツアー日記 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/325