SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< 2017年5月6月オーストラリアツアー 1 | main | 2017年5月6月オーストラリアツァー3 >>
2017年5月6月オーストラリアツァー 2
0


     

     

    5月15日(月)

    朝10時にアリスターが迎えに来てくれて、大学をざっと案内してくれる。キャンパスは巨大なので、音楽部のビルだけまわる。ついでに校内のスタジオをとってもらい、11時から12時半まで私たちは軽く練習もさせてもらった。練習室に、どーんとやたらに大きいコンサートグランドが置いてある。スチュアート & サンズというオーストラリアの手作りのピアノで、鍵盤が97鍵ある。ベーゼンドルファー以外でこういうピアノは初めて見た。癖がなく鳴らしやすいピアノで、気持ちよく練習させてもらう。

    学部の受付のお姉さんに世話になり、バスで使えるオパールカードも購入。アリスターは新譜のミックスに飛んで行き、私たちは大学のカフェでランチ。聞いてはいたが、学生の東洋人の多さにびっくり。半分は東洋人と聞いていたが、もっと多い気がする。

    バスでホテルに戻る。ホテルの部屋がちょっと暗いので、上階の部屋に変えてもらい、お引越し。すっかりいい天気になったので、クッジービーチを散歩する。

    通常のツアーと違い、のんびりと過ごし、ちょっと気が抜け気味。夜は隣のタイレストラン。リカーライセンスがないお店みたいで、お客さんはみんなお酒持参。こちらは手ぶらで行ったので、今夜はお酒なしの日になった。夜9時15分にアリスターが迎えに来て、ラジオ収録に向かう。レコーディングエンジニアでもあるプレゼンターのピーター・ネルソンは昨年1月に私とアリスターのコンサートを録音してくれた人だ。リラックスした雰囲気で、大学でのコンサートや木曜日のクラブでのコンサートの告知もしてもらう。ラジオを聞いている人は結構いるそうだ。ホテルに送り届けてもらい、1時までに就寝。

     

    5月16日(火)

    今日は大学でのワークショップの初日。授業は夕方4期からだが、午前中11時にアリスターと学校のスタジオで待ち合わせてメルボルン・ジャズ・フェスティバルでの新プロジェクトの打ち合わせ。メンバーは、田村(Tp)藤井(Piano)アリスター・スペンス(Fender Rhodes)トニー・バック(Drs)で、今回は全て新作でのワールドプレミアの委嘱となる。それぞれが曲を持ち寄り数回のリハーサルで成立させる予定。私たちはリハーサルが1回なんていうのはよくある話なので、数回リハーサルができるのは、とても助かる話だ。田村、藤井は新曲を準備して行ったが、アリスターは6月末の博士論文に追われていて、まだ未完。イメージや楽曲をざっと話し合い、12時に終了。さて、4時まで大学で時間を潰さないと。まずは大学のカフェでランチ。アメリカで学校に通った私たちにとっては、オーストラリアの大学のカフェはとてもレベルが高い。もちろん、アメリカの大学のカフェの今の状態は知らないので、なんとも言えないが。とにかく、野菜がたっぷりと食べられるのが嬉しい。ランチ後、学部の受付に直行、どこかで練習ができないかきいてみる。残念ながらピアノがある部屋は全てすでにサインアップされていて、じゃあ、トランペットの音が出せるだけでもと相談して、部屋に案内してもらう。大きな映画上映もできそうな部屋で、田村は練習、私はパソコンで6月下旬のKAZE北米ツアー用の作曲。ピアノなしで作曲することは少ないので、これはいい機会。新しい試みだ。

    4時にジャズ・コンポジションの授業に。クラシックの学生やジャズ初心者の学生も含んだ6人クラス。さて、何から話そうか。私の基本スタンスは、音楽はなんでもあり、という姿勢。あれはダメこれはダメのようなアプローチは絶対にしたくない。作曲ということに関しては、とにかくたくさん作曲するのが一番の作曲上達方法と伝えたい。これは、私の経験から。まず、音楽は何で出来ているのか、「音と静寂」そして、その静寂の部分がいかに大事でたくさんのことを語れるか。そして実際に作曲するときの簡単なヒントとかを持参した楽曲で説明して行く。熱心に聞いてくれているが、彼らが一体どんなバックグラウンドだか不安になり、一人づつ好きな音楽を聞いてみた。びっくりしたことに、「ロックが好き」と答えたのは一人だけ。今までほとんどクラシックしか聞いてないという子が二人もいた。1970年代にティーンエージャーだった私としては、びっくり!こちらがカルチャーショックを受けた。授業後半は彼らの作曲の音出し。手書きの譜面はゼロ。全員、ノーテーションソフトでの譜面。ソフトに頼っての譜面なので、譜面が伝える意味が今ひとつ理解できていない記譜が残念。初日の授業は無事終了。バスでホテルに戻り、荷物を置いてから夕食に出かける。気になっていたブラジルステーキ屋さんに。こちらがストップをかけるまで、鶏肉、豚肉、牛肉、羊肉のBBQがどんどん運ばれてくる。若者じゃないからそんなにはいただけない。あっという間にストップ。満腹でホテルに戻り、メールチェックして就寝。

     

    5月17日(水)

    朝ごはんは部屋でパンとジュース、コーヒー、ランチは近所のシーフード屋さん。カジュアルな店で並んでいるシーフードから選んでその場で調理してもらう。これが、むちゃくちゃ美味しかった。田村は帆立貝とえび、私はバラムンドという魚を焼いてもらう。それにトウモロコシもバーベーキュー。どれも美味しかったが、このバラムンドという魚に感動。海水でも淡水でも住める大きな白身の魚で、この辺りでは一般的な魚らしい。ここは、また来なくちゃ。

    大学2日目の今日は2クラス、4時から2時間の中級アンサンブルと6時から8時のビッグバンドアンサンブル。両クラスともサックス奏者、サンディ・エヴァンスが先生。3時に打ち合わせるために彼女と会う。彼女とは、2013年夏にカナダのグエルフ・ジャズ・フェスティバルで会っている。私たちのコンサートの後に声をかけてくださったのだが、その時の印象とは違って、気分は初対面。学生の説明とかを聞き、4時からの授業に。小編成のアンサンブルと思ったら、9人もいるしサックスなんか4人もいる。女の子たちがとてもおとなしく内気だと聞いていたが、全くその通りで、びっくり。オーストラリアの女の子は日本人並みにおとなしいです。大勢の中で自己主張はなさらない。アメリカとえらい違い!

    私のオリジナル曲の「ナインピン」と田村の「マサイの舞」を選んでリハーサルをしてきてくれた。早速「ナインピン」を演奏してもらった。カウントオフでテーマ、アドリブ、セカンドテーマ、テーマとジャズ常套フォームでの演奏。まずはそのディスカッションから始める。カウントオフ以外のイントロが作れないか、サックスが4人もいるのにみんなでユニゾンだけじゃなくてテーマを繰り返す時に別れたらどうか、アドリブの時に同じグルーブを続けている必要があるのか…etc. ジャズの演奏家はインプロバイザーであり、作曲家、編曲家でもあるから、常にそういうことを考えて音楽を面白くしてほしい。このアンサンブルでは今週金曜日に学内のホールでのコンサートがあるので、みんなの意見を拾いながら、結局私がアレンジを決めた。2曲目のマサイは、田村の奇才ぶりを発揮する楽曲。ホーンプレーヤーは全編マウスピースだけで演奏。イントロでは、造語を使って声を出さなくてはいけない。学校内でも外でもそんな事やった事ないから、みんな目が点になる。でも、声を出しているうちに、みんなの目がキラキラしてきた。何と言っても、楽しいわけで、やっぱりそれこそが音楽の原点。この曲を選んだサンディーもさすがだなぁと思う。音楽は、気をつけないとその楽しさを時に忘れてしまう。特に勉強や練習に熱心になると、とても危険な一面がある。この「楽しさ」のために勉強したり練習したりしているのを忘れないでほしい。金曜日のコンサートが楽しみだ。

    6時のビッグバンドのクラスでは、私の「FUKUSHIMA組曲」をリハーサルしてきてくれた。音を出してびっくり。素晴らしいバンドだ。ソロではジャズの定番リックにとらわれずに表現をきちんとできるプレイ。もし何かかけているとすれば、一歩はみ出す演奏。つまりもっと枠を広げるようなパワーがほしい。例えば、音の大小のレンジももっと大きく。大きな音はもっと大きく、小さな音はもっと小さく。普段の授業では伝統的なジャズビッグバンドレパートリーを演奏しているらしいが、トランペットの子が箏が弾けるから、ソロでは箏を使ったり、バリトンの子がエレクトロニクスを使ったりと実にクリエイティブ。このビッグバンドのコンサートは学内のホールで来週金曜日、ものすごく楽しみだ。

    4時間ぶっ続きの授業終了後、サンディーが車でホテルまで送ってくれる。慣れない教える仕事でふたりとも疲れた。ホテルに荷物を置き、まだ行っていない近所のタイレストランで夕食。私が出発前にひいた風邪は悪くも良くもならずに、喉だけチリチリと痛い。その上、ビッグバンドの授業でデスメタルボイスやっちゃったので、声もかすれちゃった。自重せねば。

     

    5月18日(木)

    ランチはなんと回転寿司!寿司鯉という、日本ではありえないネーミング。入店すると従業員が「いらっしゃいませ!」、でもよく聞くと「〜〜〜〜〜ませ」てごまかしている従業員がほとんど。回転しているのは、日本では絶対見れない寿司。私たちは心が広いので、結構楽しめます。なんたって、カルチャーショック!エビ天が乗った握りは、すし飯の酢が少ないので、まるで天むすみたい。これはこれで美味しい。文化というのは、定型を守るだけじゃなくて、思い切った試みでさらに発展するもんだと思う。海外の寿司を否定したら、私たちのジャズも否定されても仕方ないと思う。

    大学3日目。4時から6時までアリスターが指導するアドヴァンスドアンサンブル。つまり上級者コース。3時半にアリスターのオフィスで打ち合わせのはずが、バスが来なくて約束の時間に遅れる。やっぱりバスはあてにならない。海岸沿いのバス停で気を揉みながら、ビーチや歩道の木々を見る。オーストラリアに来ると、毎回北半球とは違う植物や動物に驚かされる。日本や欧米では見たこともない木々を見ているとSF映画のようだ。

    アンサンブルはサックス3人、ピアノ、ギター、アコースティックベースにエレクトリックベース、ドラムという編成。これも結構大編成。ここ数ヶ月、私と田村のオリジナル曲を練習してきてくれた。楽曲は、私たちにも難解な「Alligator In Your Wallet」「Spiral Staircase」「Spring Storm」「Tatsu Take」。まずは、聴かせていただく。みんな上手に何事もなく演奏。早速、こちらで崩しにかかる。アリスター、ごめんなさい。こういう難解な楽曲をきちんと演奏したら、ただそのテクニックをひけらかしているだけだと思う。まず、そのリスキーな部分が伝わらないと楽曲の魅力は半減、というのが私の持論。演奏不可能なテンポまであげる。これだけでかなりおもしろくなる。4曲のリハーサルで2時間はあっという間。

    授業終了後、アリスターと3人で今夜のコンサート会場のVenue 505に行く。今夜はここでアリスター、私、田村とシドニーのドラマーサイモン・バーカーで演奏。私たちはサイモンとは初演。2007年に初めてシドニーに来た時に、ドラムの堀越彰さんにドラムセットを貸してくれ、その時に彼のCDも頂いた。何年かして、彼の韓国のシャーマン音楽とのコラボレーションがNHKの特集番組で紹介され、それもとても面白かった。ちょっと前には彼とスコット・ティンクラー(オーストラリアのとても個性的なトランペットプレーヤー)とのCDを手に入れ、ますます共演したくなった。アリスターに頼んで、4人でのコンサートが実現した。まず、びっくりしたのは、その集客。全編インプロビゼーションの内容で、こんなにお客さんが来るの?そういえば、今までシドニーで演奏してお客さんが少なかったことはあまりなかった。もちろん、アリスターやクラブが十分にプロモートしてくれたからだが、お客さんの数にも、その多様性にもびっくりした。たくさんのお客さんが、静かに熱心に聴いてくれる。演奏が悪くなるはずはない。1セット目は田村とサイモンのデュオ。私も客席後ろから聞いていたが、客席とステージが一体となった緊張感が気持ちよく、一瞬も飽きることなく聞き入った。途中で入って来た若い東洋人のカップル、バーで飲み物を買ってから空席に座り、言葉を交わしていたら、同じテーブルのおじさんがジェスチャーで「黙って」と。すぐに二人とも話をやめた。注意する方もされる方もストレスなく自然な行為で、なかなかこういうことが自然に起きない日本人には驚きの光景だった。2セット目は、私とアリスターのローズのデュオ。アリスターはローズの内部演奏+エフェクターを繋ぐというユニークなアプローチをする。彼とのこの編成のデュオは昨年1月のシドニー以来で、2回目になる。私も鍵盤よりは、内部演奏を多用した演奏になる。昨年の録音を聞いたら、私としては、課題は鍵盤の演奏部分。それまでの宇宙からいきなり平均律の古典にスライドするのは、とても難しい。このデュオは9月にアリスターが来日するときも何本か考えていて、できれば録音もしたい。3セット目は4人での演奏。初めての顔合わせとは思えないハプニングの演奏となり、アンコールも一曲。最前列にいた高齢のおばあちゃん、大興奮でノリノリ。楽屋にも飛んで来て、「素晴らしい」を連発してくれた。ビールを飲んで、タクシーでホテルに戻る。やっぱり、教えるよりは演奏の方が発散できて、気持ちいい。

     

    5月19日(金)

    朝はいつも通りに部屋で。ランチは、一昨日に行った魚レストランに。今日は、私の大好物のタコを焼いてもらう。柔らかくて美味しい。近所にこんな店があって、本当に嬉しい。パン屋さんにパンを買いに行き、そこでコーヒータイム。オーストラリアのコーヒー文化は充実していて、基本はフランスと同じエスプレッソ。日本でいうレギュラーコーヒーはエスプレッソをお湯で薄めたロング・ブラック。

    昨日、バスがなかなか来なかったので、今日は早めにホテルを出る。学内コンサートの今日はサウンドチェックの5時に間に合えばいいのだが、金曜日の夕方のせいか道がかなり混んでいて、結局ちょうどいいくらいの時間に。大学のホールというよりは、街のクラブのようにバーもある。音響のスタッフもプロで、今日の学生コンサートもなんとチケットを売っている。その売り上げでこのホールを運営しているようだ。リハーサル後、キャンパスの中のマレーシアレストランで夕食。大学もここまで大きくなると、もう街みたいだ。

    水曜日のサンディーのクラス中級アンサンブルでの今夜のコンサートでは、田村の「マサイの舞」と私の「ナインピン」も演奏。田村の「マサイの舞」は田村が自ら指揮をする。楽器を使わないで、声やおもちゃを多用、ついにダンスまで。学生たちは、水曜日のクラスの時よりは解放されて来たようだが、まだまだおとなしい。まあ、彼らにしてみれば、こんな恥ずかしいことはできないっていうのが、あるのかもしれない。私は楽屋にいて、見れなかったが、映像を撮っていたらしいので、それが楽しみ。「ナインピン」は私も演奏に参加。サンディーのアイデアで、アルトサックスのおとなしい女の子のソロを、途中からピアノと二人だけのフリーソロにした。美しいアプローチに感心した。無事にコンサートは終了。

     

     

     

     

     

    | ツアー日記 | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/337