SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< 2017年5月6月オーストラリアツァー 2 | main | 2017年5月6月オーストラリアツァー4 >>
2017年5月6月オーストラリアツァー3
0

    5月20日(土)

    なんと土日、学校は休みです!こんな生活は、長いことしていないから二人で朝から落ち着かない。まずは部屋で朝ごはんを簡単に済ませる。今日はあいにくの雨模様との予報。晴れたらブルー・マウンテンにピクニックに行こうとアリスターが誘ってくれたが、昨晩の大雨にめげて早々にキャンセル。ところが、どんどんといい天気になってくる。午前中はツアー中で一番大事な仕事であるお洗濯。このホテルはアパートメントホテルなので、ありがたいことに洗濯機も乾燥機も使い放題。洗濯が終わって乾燥機に突っ込んでから、いつも行くCoogeeの街とは反対方向のRandwickの街を目指す。徒歩で15分もかからないが、上り坂なので、ハーハーと息が上がる。魚屋さんの店先でフィッシュ&チップスの安いランチを食べ、隣のカフェでお茶していると、青空が広がって来た。これは、今日しかない、と二人でBondi Beachまで歩いて行くことにする。片道7キロ弱、ずっと海岸沿いを歩くことになるので坂も多い。先ずホテルに戻り乾燥機の洗濯物を部屋に置いてから、Coogee beachに。さっき15分歩いただけでハーハーの二人が7キロ歩くんだから大変なことだ。土曜日でビーチにもいつもよりたくさんの人がいる。さあ、太平洋沿いに北上だ。いい天気で暖かいとはいえ、20度くらいの気温。およそ、海水浴の温度ではないが、結構多くの人が泳いでいる。みなさん、お元気。私は荷物を持って歩くと腰が痛くなる人なので、手ぶらで歩いた。途中、サーフィンスポットがあったり、海に面した広大な墓地があったり、高級住宅街があったり。7キロもずっと海岸沿いにしかもビーチが多い場所を歩けるのは、他であまり見たことがない。ベンチを見つけると休んで、無理しないように歩いたら2時間以上かかった。Bondiはライフ・セイバー発祥の地だそうで、今日もドローンが安全確認で飛んでいた。

    もちろん、帰りはバス。出かけにインターネットで調べて来たが、出先でも使えるGPSのアプリでバスの乗り換えもうまくいき、迷子にならずに帰れた。二人ともクタクタで、食欲なし。でも、とにかく何か食べようとクージーの街に。結局、ハンバーガーにコーラ。これもたまには美味しい。

    こんなに働かない1日というのは、うちにいたらありえない。

    でも、食後は我慢できずにメールを開く。

     

    5月21日(日)

    さてさて、今日もお休み。途方に暮れる。快晴でカラッとしていて素晴らしい天気。部屋で朝ごはんを食べてから早速コンピューターで仕事を始める。マネージャーがいない私たちは、演奏が休みの日もマネージメントの仕事が山積み。新譜の準備やこれからの仕事の準備に忙しい。昼ごはんは海岸沿いのカフェでサンドイッチ。部屋に戻り、仕事の続き。気分転換にカフェに行きたいという夫の意見を尊重。カフェでコーヒー。目の前にある容器の中に美味しそうなボールドーナッツ。直径4センチほど。あまり甘いものを食べない私たちが二人でシェアするにはちょうど良さそう。カウンターのお姉さんに「これ一つ食べたいけど、いくら?」「5ドルです」田村が動転する。「これが5ドル?! ありえない。」日本語でもジェスチャーで動転ぶりがウエィトレスに伝わる。私は平静を装い、「ひとつください」田村は「まじ〜?」恥ずかしいからやめて!5ドルで焦るな!だいたいオーストラリアドルは安い。が、オーストラリアは物価が高い。二人できゃあきゃあいいながら頼んだ割には美味しくなくて、少し残してしまった。

    ホテルに戻り仕事の続き。続くイベントは晩御飯。

    夫の希望で街一番のイタリアンレストラン。先日のパスタ経験が悪くて、今日は前菜のタコの焼いたのとルッコラサラダとマルゲリータピザを注文。もちろん赤ワインも。どれも美味しかった。食後はエスプレッソで幸せにホテルに戻る。

    基本的に美味しい食事があれば、それだけで幸せになれる。

    | ツアー日記 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/338