SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< 2018 北米ツアー | main |
2018北米ツアー
0

    2018北米ツアー        by田村夏樹

     

    10月6日

    近くのカフェで朝食。部屋で事務仕事。向かいのラーメン屋で昼食。そのあと街を歩いてお土産探し。メープルシロップとスモークサーモン。ついでにボロボロになって来た薄手のセーターの代わりを探す。2件目に入った店でなかなか良いのが見つかった。これならツアーに持って行っても嵩張らず暖かい。5時にリサが藤井を迎えに来た。彼女の家でインタビューを受けるためだ。そのインタビューの後の食事に僕と井谷も誘われたので。6時過ぎにホテルを出て駅に向かう。割と簡単に切符も買えて、4駅目で降りる。ここからはGoogleマップを頼りに歩いて行く。10数分で落ち着いた一軒家の住宅エリアにあるリサの家に到着。玄関まで良い匂いが漂ってくる。リサはピアノを教えているがすっかり忘れていた予定外のレッスンが入ったので、料理を作りながらのインタビューだったそうだ。チキン、タコス、トウモロコシ、ライス、結構手の込んだ料理だった。美味しくいただきお腹いっぱいになる。

    ホテルの近くまで送ってもらい、今日は早めに寝る。

    10月7日

    今日は井谷君が帰国する日で、朝9時にホテルのロビーでお見送り。お疲れ様でした。

    演奏もワークショップもないので事務仕事を休憩して滅多にしない観光に出かけた。夕食をちょっと郊外にある日本食レストランに行くことにしていたので、その中間にあるグランビル島に行くことにした。夜のレストランはマネージャーをやってる人がシアトルや札幌でのコンサートにも来てくれた知り合いで、せっかくだから伺うことにしたのだ。昼にホテルを出て、先ずは15分ほど歩き南側の海岸まで行き、フェリーで島に渡る。というと大げさに聞こえるかもしれないが、フェリーと言っても数人しか乗れない渡し舟って感じのものだった。船頭さんが日本人だったのでちょっとびっくり。1分ほどで到着。本当にその辺の川を渡ったという感じ。船着場からすぐのところにマーケットがあった。とりあえず昼食。フードコートのような所があったのでそこでタイ料理を食べた。たくさんの建物が点在していてそれぞれにいろんな店が入っている。しかし基本似たり寄ったりであまり面白くはなかった。ここからだと歩いて行ける夕食のレストランに行くまで時間を潰さなくちゃなので、ゆっくりあちこちの建物を廻った。少し休憩しようということでカフェに入りコーヒーを注文。カウンター席で飲んでいたら従業員が食事を手に「ここに座ってもいいですか?」と言ってカウンターの一番端にきた。そこに荷物を置いていたので、自分たちの方へ引き寄せようとして、まだ一口しか飲んでいないコーヒーカップに引っ掛けてしまった。カップが倒れ藤井のズボンがびしょ濡れになってしまった。黒いズボンだったので目立ちはしないが寒いし身体が冷えてしまうといけないのでタクシーで急いでホテルに戻ることにした。ネットで調べたらすぐに洗った方がいいと書いてあったので部屋の洗面所で洗濯。暖房の風が当たるところに干して置いた。タクシー代はかかったがもう見る所も無く、どうやって時間を潰そうかと困っていたのでまあ良しとする。しかし火傷しなくてよかった。夕方バスでその日本食レストランに向かう。よく流行っていて食事時間は2時間までらしい。知り合いのマネージャーは忙しい中色々と気を使って話をしに来てくれる。ワインと寿司の盛り合わせとアボカドの天ぷらを美味しくいただき、またバスに乗ってホテルに戻った。

    10月8日

    昼食はホテルの向かいにあるベトナムレストランへ。かなり美味しかった。2時半にホテルを出て藤井がワークショップをやるウェスタン・フロントにバスで向かう。20分程で到着。少し早く着いたのでまだドアがしまっている。近くのカフェで時間を潰し、そのコーヒーを持って会場に。リサが普段教えているインプロヴィゼーションのクラスだが、若者からおばあちゃんまで幅広い年齢層だ。2時間いろいろな組み合わせや少し決め事ありなどでインプロしてもらい藤井が感じた事や生徒さんが感じた事などをを話しながら進行。僕は部屋の片隅で聴いていたが、部屋が寒くて参った。後で聞いたら藤井も寒くて辛かったそうだがカナダの人は全く平気そう。リサなんか途中からノースリーブになったくらいだ。慣れなのか人種が違うからか。1時間の休憩を挟んで次のクラスが始まった。その部屋の隣に受付用の小さなスペースがありソファーがあったのでそこに移動。足を伸ばして座れて助かった。暖かかったらうとうとするにはうってつけのソファーだったが寒くて寝ていられなかった。9時前に次のクラスも終了。藤井はさぞかし疲れたと思う。バスで帰ろうとしたが結構待たなくちゃなのと雨も降っているのでちょうど来たタクシーでホテルの近くまで戻り、まだ営業していたイタリアンレストランに飛び込む。ワインとピザとパスタでようやく身体が暖まった。

    ホテルに戻り荷物をまとめて寝る。

    10月9日

    9時にホテルを出る予定だったが、起きるのが少し遅かったので早く出て空港で朝食にしようということになり、8時過ぎにチェックアウト。10分ほど荷物をゴロゴロと引っ張って地下鉄の駅に到着。ホームに行くとちょうど空港行きの電車が出る所だった。30分弱で空港に着く。チェックインして帰国の途に。

    1ヶ月近いツアーで、竜巻による停電などもあったが、2連泊や4連泊したところもあり、いつものツアーに比べ今回はかなり楽なツアーだった。

    持って来たLPは完売、CDも2枚残っただけで嬉しい。

    2018年北米ツアーでした。

    | ツアー日記 | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/350