SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< 2020KAZEツアー | main | 2020KAZEツアー >>
2020KAZEツアー
0

    ホテルを10時過ぎに出てアッパーマンハッタンにあるベーシストのジョー・フォンダの家に向かう。34丁目から地下鉄Aトレインで行く予定だったが、33丁目の入り口から地下に入ったらECトレインにしか乗れなかった。42丁目でホームの反対側に来たAトレインに乗り換える。181丁目で降り、ジョーのアパートへ。朝ホテルの近くのホール・フーズで買ってきた寿司をみんなで食べ、ジョーの車で、メイン州のキタリーへ向かう。

    キタリーには以前インプロ系の音楽を演奏できる場所は皆無だったが、今夜の主催者でもあるドゥリカが来てから場所もできたし、今時のレストランも開店した。

    演奏会場は元ダンスホールだった所で、その名もズバリ「ダンス・ホール」。サウンドチェック風景。

    キタリーから直ぐの北部が嵐だそうでそっち方面のお客さんが来れなかったらしい。お客さんはそれほど多くは無かったが、アットホームな感じでいいコンサートだった。

    終演後外に出たら凄く寒かった。このツアー1番の寒さだ。明日はさらに北のポートランドですよ。今日はホテルではなく、お客さんの中の一人の家に宿泊させてもらう。ジョーの知り合いでもあり、お医者さんだそうで、大きな家だった。ベッドルームがうちの8倍ほどはある感じ。バスルームですらうちのベッドルームよりずっと広い。ワインを頂いてしばらく話をして寝る。

    奥さんのお父さんはプロのトランペット奏者でクラシックもジャズもやるそうだ。ウディー・ハーマンのオーケストラにいた友人などもいて、結婚式はジャズのコンサート会場みたいだったそうだ。

    | ツアー日記 | 22:20 | comments(0) | - | - | - |