SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

<< 4曲目=第四章 Welcome Party (前編) | main | 5曲目=第五章 Dialogue (前編) >>
4曲目=第四章 Welcome Party (後編)
0
     by 田村夏樹

    4曲目=第四章 Welcome Party (後編)


    「やあやあ、やあ」

    と言いながらユキナのお爺ちゃんのコーダとお婆ちゃんのセーニョが入って来た。二人は車で20分程の所に住んでいる。オブリはいつでも同居を、と言ってるのだが、コーダの返事はいつも

    「まだまだ。わしもセーニョも元気だから二人だけの方が気楽でいいわい」

    であった。

    「おお、あなたがジローさん。で、こちらがフォルテ君ですな」

    と言いながらソファーから立ち上がったジローとその肩に乗かっているフォルテの近くにやって来た。

    「いやいや、孫を助けてくれたそうで、ありがとう。ありがとう」

    隣でセーニョが何度も頭を下げている。

    「フォルテ君もありがとうな」

    「ミュ?」

    「いえ、助かったのは僕の方なんです。山で迷ってしまって、、」

    「でもジローさん達はベシ用のイヤープラグも付けないで、よくまあ平気でしたねえ。

    何か新しい防御装置でも持ってらっしゃったの?」

    とセーニョが言ったのでジローが

    「いっ、いえ、どうやら僕はこちらの世界」

    と言いかけた時、また表でクラクションが聞こえた。

    「フェルマおばさん達だ!!」

    と言って又ユキナが表に迎えに駆け出した。オブリの妹夫婦が到着したようだ。キッチンから出て来たマルカが

    「まあまあ、みなさん立ち話はそのへんにして、ダイニングへどうぞ、さあさあ」

    と促したので、みんなが

    「そうそう、先ずは腹ごしらえ。マルカさんの料理は絶品じゃからな」

    「じゃジローさん続きは食事の後で伺いますね」

    等と言いな がらダイニングに向ったので、ジローもオブリに促されて歩きながら『うん、お腹空いたな。そういえば今日は昼食が早めだったんだ。しかし奥多摩の食堂で食 べたのが今日の昼だなんて、、、、』赤眼鴉、一瞬に消えた濃霧、ベシという変な動物、浮き上がり音も無く移動する乗り物、少女の運転、クラクションのメロ ディー。あまりにも思い掛けない出来事や不思議な体験をしたせいか、わずか6時間ほど前の昼食が遥か昔の事のように感じられるのだった。

     

    フォルテ用の缶詰めを取りに行ったジローがダイニングの大きなテーブルに戻ると、オブリが立ち上がり

    「ではみなさん、えー」

    と話し始めた途端

    「手短になオブリや。わしゃもう腹が減った」

    と言ってコーダは隣のジローにウインクしてみせた。どうやらジローの腹が鳴ったのを聴いたようだ。

    「えー、今日はお爺ちゃんの80の誕生日パーティーですが、もう一つ、えーユキナの命の恩人であるジローさんとフォルテ君の歓迎パーティーでもあります」

    ジローの隣にちゃんと席を設けてもらったフォルテは『まだお預けかなあ?』という感じで目の前の缶詰めとジローの顔を交互に見つめている。

    「ではカンパーイ」

    「カンパーイ」

    「カンパーイ」

    「ミュウーウ」

    フルーティーなビールのような飲み物だが、すごく美味しい。ひとくち飲んで

    「さあフォルテおなか空いただろう」

    缶詰めの蓋を開けてやると、赤眼鴉を追い掛けたり、ベシと闘ったりでエネルギーを使ったのだろう。夢中で食べ始めるフォルテであった。フォルテの隣でその食べっぷりに眼を見張りながらユキナが

    「ジロー兄ちゃんもフォルテに負けないで食べて食べて」

    「う、うん。いただきます」

    どれもがジローも知っている料理に似てはいるが、よく見ると全く知らない素材のものばかりであった。とりあえず一番近くの物から食べてみた。

    「わおお、何だかわかんないけど滅茶ウマッ」

    空腹のせいばかりではない。コーダが言った通りマルカの味付けは絶品であった。ジローもフォルテに勝る勢いで夢中で食べ始めた。その様子をみんなは驚きながらも笑顔で眺めている。

    「あっはっはあー、いいもんじゃ、若いもんの食べっぷりは」

    「むこうにまだまだありますから、たくさん食べてくださいね」

    マルカも嬉しそうに言った。

     

    アルコールも入り、お腹も少し落ち着いてきた頃、話題はやはりジロー達の事に移っていく。オブリが気遣って、さきほどジローから聞いた話しをざっと説明した。

    「ジロー兄ちゃんとフォルテはねえ、ベシのあの声を聞いても全然平気なんだから」

    ユキナが自分の事のように自慢げに言う。

    「いえ、まあ一瞬筋肉がギュッとなりましたが、大丈夫でしたね」

    ユキナの叔母フェルマが信じられないという顔で

    「すごいわね。なんだかSFのような話しね」

    ジローはずっと気になっていた事をコーダに質問した。

    「あのう、さっきのクラクションなんですが、あのメロディーは?」

    「ふむ。あの曲を知っておられるか」

    「はっ、はい」

    「うーん。やはりジローさんはあちらの世界から来られたようじゃな」

    「あの曲は『Gato Libre/ガト・リブレ』というバンドのモーニング・ミストっていう曲なんですけど、大好きでよく聴いてました。でもどうしてコーダさんが?」

    「あー、うん。少し長い話になるでな、食べ終わってからソファーで話そう」

    「お母さん、ユキナもう終わったからむこうでフォルテと遊んでいい?」

    フォルテはもうソファーの横で手を舐めては顔を拭っている。

    「あら、山であんなに恐い目に会ったのはどうしてかな?」

    マルカだけは秘密練習を知っていたようだ。

    「あっ、そうだ」

    と言って自分の部屋に走り、横笛を手にして戻って来たユキナが

    「じゃあ、ユキナが創ったお爺ちゃんの曲をやりまーす」

    と言って吹 き始めた。ゆったりとしたメロディーがダイニングから家中に広がって行った。それはジローにとって耳慣れない音階だったが、実に心地よかった。その音色も ざっくりとして、柔らかい。ジローは食べるのも忘れて聴き惚れてしまった。リビングのフォルテも目を細め、うっとりして聴いているようだ。コーダなどは目 が潤んでしまっている。

     

    このあとリビングに移動しての語らいでコーダの話によって新たな不安に落とし入れられるとは、知る由もないジローであった。

     

    5曲目=第五章 Dialogue に続く


    | 小説「ストレンジ・ヴィレッジ」 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.librarecords.com/trackback/7