SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんでもかんでも

8曲目=第八章 Then, Normal Life
0
     by 田村夏樹

    8曲目=第八章 Then, Normal Life


    「ミュウ」

    フォルテの鳴き声でジローが目を覚ました。壁の時計を見ると9時を過ぎている。

    「ウウウッ、もうこんな時間か、結局よく寝たなあ」

    「ミュウ」

    「わかったよ。お腹空いたよな。ちょっと待ってな」

    服を着替え、フォルテのキャットフードを持って階段を降りて行くとマルカがキッチンに居た。

    「おはようございます」

    「あっ、起きられましたか。よく寝られました?」

    「はい、何だかたくさん夢を見たようですけど結局よく寝ました」

    「じゃあよかったです。手の具合はどうです?」

    「ええ、塗ってもらった薬のせいか全く痛くないです」

    ジローの手と足の傷跡を見ながらマルカが

    「ほんとだわ、考えられないくらいの回復力ですね」

    「ええ、凄くいい薬ですね」

    「でも私達にはここまでの効き目はないんですけどね、やっぱり違うのねえ」

    「ミュウ」

    「わかったわかった、今やるから」

    「ああ、フォルテ君お腹すいたのねえ。ジローさんもでしょう、用意できてますからテーブルにどうぞ」

    「あっ、ありがとうございます。ほらフォルテ、ここに座りな」

    隣の椅子をポンポンと叩くとフォルテが急いで飛び乗り、ジローが缶詰めを開けるのを待っている。

    「考えたら、あと4日分しかないな。この村で補充出来るんだろうか?」

    「さあたくさん食べてください。そうだ、フォルテ君の食べ物ですけど、何が入ってるのか教えてくれれば、似た物を作りますよ」

    「えっ、ほんとですか」

    「ここに居る間はそれを食べていてくれれば。フォルテ君の口に合うといいんですけど」

    「助かります。ありがとうございます。さあフォルテ食べよう」

    「ミュウ」

    いつものようにフォルテと一緒に朝食をたべながら

    『出発の日、あの朝食からまだ3日目だなんて、、、とても信じられない。もっとずっと昔のような気がするなあ』

    と所沢のアパートや出かけに会った不動産屋のおばちゃんとツナヨシなどに思いを馳せていた。

    「食べ終わったら少しのんびり休んでいてください。昨日の疲れがまだ残ってるでしょうから」

    「はい、でも大丈夫みたいです。よく寝たし。なっ、フォルテ」

    「ミュウ」

    「そうですか、でも無理しないでね。そうそう今日はユキナがお昼には学校から帰ってきますから、案内させて村でも見て回られたら?」

    「そうですね、ユキナちゃんが暇だったら是非」

    「大丈夫ですよ。今朝なんか、ジロー兄ちゃんとフォルテの世話するんだから学校休むって大変だったんですよ」

    「アハッ、そうだったんですか」

    「午前中は寝かせておいてあげなくちゃって言ったらやっと納得して行きましたけどね」

    「じゃあ午後は世話してもらいますか」

    「そうそう、でも疲れない程度にね」

     

    朝食を終えたジローは部屋から血の付いたズボンやシャツなどを持って来て洗濯をさせてもらったが、その洗濯機はボタンを一つ押すだけでプレスまでされて出て来るのだった。

    「ちょっと近所を散歩したいんですが」

    「あっ、じゃあ一応『デンテ』を着けていってください」

    と言ってみんなが手首に着けている腕時計型携帯テレビ電話とでもいう物を持って来た。

    「ここを押しながらジローと3回言ってくれます?」

    「デンテっていうんですかこれ、ええっと、ここですね、ジロー、ジロー、ジロー」

    「はい、それで声が登録されたから、ユキナとかオブリとか呼び掛ければ相手が出ますよ」

    「同じ名前の人が出たりしないんですか?」

    「ジローさんと関係のあるユキナはうちのユキナだけですから。声を判別して自動的に繋ぐんです。かかわりの無い初めての人を呼び出す場合はここを押しながらもっと詳しく言わなくちゃなんですが、ジローさんにはとりあえず必要無いでしょうから」

    「わかりました」

    デンテを左手首に着けるとジローはいつものように肩をポンポンと叩いた。フォルテが飛び乗る。

    「よし、散歩だフォルテ」

    「ミュ」

     

    表に出たジローはすがすがしい空気を目一杯吸い込んだ。

    「フウウウ、すごーい。空気が凄く澄んでるって言うか濃いって言うか。こっちに来てからずっとバタバタしてたから気が付かなかったよフォルテ」

    「ミュウウウ」

    「さて、じゃあ左へ行ってみるか」

    しばらく歩いていると後ろから来た車が音も無くジロー達の横を飛び去って行った。

    『空気がいいのは田舎のせいだけじゃなくて排気ガスが全く無いせいもあるんだ』

    と思った。

    『なんだか清清として美しい村だなあ、ゴミ一つ落ちてないし』

    畑で農作業をしている人達がいたが、楽しそうな笑い声が聞こえてくる。10分ほど歩いていると前から来た車がジロー達の横にスーッっと止まった。ダルセさんだった。

    「ジローさん!昨日は本当にありがとうございました」

    「いえ、僕の方こそありがとうございました。素晴らしくて鳥肌がたっちゃいました」

    「よろこんで貰えたら嬉しいです。でももう散歩が出来るんですね」

    「ええ、よく寝たし、怪我もほとんど治っちゃったし」

    「えっ、一晩で?」

    「はい。で、リピトさんは?」

    「姉は今日一日静養してます。明日から出歩けるでしょう」

     

    「また公演旅行に出られるんですか?」

    「ええ、でも今回はあと5日家に居られるので、うちにも遊びに来て下さいね」

    「はい、ありがとうございます」

     

    ダルセと別れ、さらに10分程歩くと牧場が見えてきた。

    「フォルテ見てみろ。羊にそっくりだけど、すごーい。紫に緑に赤に、黄色もいる」

    「ミュウ」

    牧場を通り過ぎしばらく歩いていると前から銀色に光るパトロールの車がゆっくりとやって来る。夢を思い出したジローは一瞬ドキッとした。すれ違う時、運転席を思わず覗き込んでしまったが、もちろんそれはベシではなかった。

    「ぼちぼち戻らないと昼になっちゃうなフォルテ」

    と言って来た道を引き返し始めたジローのデンテから声が聞こえた。

    「ジロー兄ちゃん、フォルテ」

    「あっ、ユキナちゃんだ。ほら返事しなフォルテ」

    とデンテをフォルテの目の前に持って行った。

    「ミュウ」

    「ああっ、フォルテ。学校から急いで帰って来たのに何処行っちゃったんだよお」

    「ミュ?」

    「ジロー兄ちゃん!」

    「アハッ、ごめんごめん。あと10分くらいで帰るから」

     

    朝食が遅かったジローは軽くにしておこうと思ったが、いざ食べ始めるとマルカの料理があまりに美味しいので腹一杯食べてしまった。

    「ジロー兄ちゃん何処へ行きたい?」

    「さあ?僕には何処でも珍しいからなあ」

    「じゃあお願いしていいですか?マーケットで食料調達してきて欲しいんです」

    「へえ、面白そうですね」

    「お父さんの仕事場もその近くだよお」

    「そこも見てみたいなあ」

    「うん、じゃあ早く行こうよう」

    「よし行こう」

     

    マーケットに向かうスクーターでジローが尋ねた。

    「お父さんは何の仕事してるの?」

    「家具創ってるんだよ。椅子が凄い人気で制作が追いつかなくて大変なんだって」

    「へえ、そういえばユキナちゃんちの家具、全部素晴らしかったなあ」

    「うん、みんなお父さんが創ったんだよお」

    「じゃあお父さん稼いでるんだ」

    「稼いでるって?」

    「だからお金を」

    「オカネって?」

    「ええっ!お金、、、知らないの?」

    「あっ、そうだ。歴史の授業で出て来たよ、思い出した」

    「れっ、歴史?」

    「うん、すごく昔そういうの使ってたって。ほらマーケットだよお」

    「お金が、、、存在しない、、、」

    「ジロー兄ちゃん着いたよ!」

    「えっ、あっ、うん」

     

    大きなログハウスに入って行くと野菜や穀物、日曜雑貨等が整然と並んでいる。

    「ほら、これが昨日ジロー兄ちゃんがいっぱい食べてたボチャだよ」

    「ほんとだ、これ美味かったあ」

    ユキナは手に持った薄い電卓のようなものに番号と個数を打ち込んでいる。

    「ジロー兄ちゃんどれか食べたいのある?」

    「ええ、どんな味なのかぜんぜん判らないからなあ」

    「見た目でいいよ」

    「じゃあ、この白菜に似てるやつ」

    「サクね、これ茹でてお母さんが作ったタレで食べるとおいしいんだよお」

     

    全部を回って出口に置いてある装置にユキナが薄い電卓のようなものを近づけるとピッという音がした。そのまま出て行くユキナに

    「あれ?持って帰らないの?」

    「えっ、ああ、今日のはみんな急がないから。3時に配達してくれるの」

    「へえ、楽だねえ。いやあ面白かったあ。全部知らない物ばっかりだもんね」

    「明日学校休みだから又来てもいいよ」

    「あはは、うん」

    「さっきの歴史の話だけど、もう少し詳しく教えてくれない?」

    「ええー、ユキナあんまり知らないよお。うん、おじいちゃんが詳しい。おじいちゃんち行こう」

     

    5分程のところにあるオブリの仕事場を覗いてみたがすごく忙しそうなので外から手だけ振ってコーダの家に向かった。

     

    「おお、ジローさん。よく来たよく来た。さあさあ入った入った」

    「おじゃまします」

    「ジロー兄ちゃん、オカネのこと知りたいんだって」

    「ほう、なるほど。ジローさんの世界じゃ貨幣が流通しとるんじゃな」

    「はい」

    「ま、座ってなにか飲みながら話そうじゃないか」

    セーニョが飲み物を持って来てくれた。

    「そう、 300年ほど前までわしらの世界でも貨幣を使っておった。しかし人々はどうもカネに振り回されておったらしい。世界中がカネカネカネという状態でな、強 盗、殺人、果ては戦争までやったらしい。人々は落ち着きを失い、心の病にかかる人が激増したそうじゃ。資本主義が完全に行き詰まったんじゃな。まさにそん な時じゃ、『新たなる旅立ち』という本が出版されたのは。シンヤーという人が書いたその本は貨幣の存在しない世界を描いておったんじゃが世界

    中で驚異的ベストセラーになったらしい。その影響が大きな大きな波になっていき、ついには当時一番心の病が深刻だった国が貨幣を撤廃したそうじゃ。その本の描く世界をめざしたんじゃな」

     

    9曲目=第九章 Journey Again に続く


    | 小説「ストレンジ・ヴィレッジ」 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    9曲目=第九章 Journey Again
    0
       by 田村夏樹

      9曲目=第九章 Journey Again


      「急に貨幣を撤廃して混乱しなかったんですか?」

      「もちろんしばらくは大変だったらしい。大混乱じゃよ。なにせ長い間社会や人々はオカネの為に動いていたようなもんじゃからな」

      「よく思い切って実行しましたね」

      「ああ、その国のリーダー達の家族も深刻な心の病に侵されておったらしい、しかしその大混乱も、わずか半年で犯罪が激減し、1年後には心に病を持つ人も激減したお陰で治まっていったそうじゃ。そして世界中の国が撤廃へと動きだしたんじゃ。」

      「僕には全く想像できないんですが、稼がなくてもいいんじゃ、みんな働かなくなるのでは?」

      「ああ、し かし人間っていうのは本来働きたいようにできておるらしい。何かをして人に喜ばれると嬉しいもんじゃ。ましてそれがオカネを稼ぐためじゃなくなると余計に な。そして本当に良い食べ物、良い製品、身体に良い材料などを目指すように変わっていったんじゃ。皆が心の落ち着きを取り戻し、地に足を着けて、自分の本 当にやりたい事を一生懸命やるようになってな、見る見る人々の人相が穏やかなものに変わって行ったそうじゃ」

      「そうですね、こちらの人々はみんな穏やかな顔つきですよね」

      「ほう、そうかね。わしはそうじゃろうが婆さんは違うじゃろ」

      「まっ、いつもこうなんですよ」

      「あはは、そんなことないですよ」

      「私も?ジロー兄ちゃん」

      「うん、ユキナちゃんも、みんなも。でもそんな事が可能だったんですね」

      「ま、どうしようもなく行き詰まって、世界中が出口を求めておったんじゃな」

      「資本主義の終わりかあ、、、」

      「今を何と言うか、まあ、言わば生き甲斐主義とでも言うかのお」

      「それで世の中がうまく動いて行けるんですね」

      「やってみたら案外うまくいったんじゃな。テクノロジーの進歩も相当助けになってるようじゃが」

      「驚きました。まるでSF映画に入り込んだみたいです。でもどの家もログハウスなのでちょっと奇妙な感じもしますが」

      「そう、木の家が人の心を癒す事が解って来たんじゃ」

      「でも都会じゃそういう訳にもいかないですよね」

      「テクノロジーの進歩で都会というものが必要なくなってな、皆田舎へ散らばって行った。要らないビルは壊され木が植えられたそうじゃ」

      「うーーん、この村の人達を見ているとその生き甲斐主義は大成功だったようですね」

      「まあ、今の所うまくいっておるようじゃな」

      「そのシンヤーって人が書いた本は読めるんでしょうか」

      「それじゃあ後で連絡しておこう。今夜にはオブリの家に届くよ」

      ジローの飲み物が空になっているのを見て、セーニョが

      「もう一杯どうです?」

      と訊いた。

      「あっ、ありがとうございます。でもそろそろ失礼します。明るいうちにもう少しあちこち見たいので」

      「そうですか、ジローさんの世界の話もゆっくり訊きたかったんですけどねえ」

      「ああ、よかったら明日にでも又寄ってくだされ」

      「はい、また来ます。フォルテ行くぞ」

      「ミュ」

      コーダの家を探検していたフォルテが駈けて来てジローの肩に飛び乗った。

       

      ユキナのスクーターで村を見て回り、家に戻ったのはまもなく陽が沈もうとしている時だった。

      「大丈夫ですか、お疲れになったんじゃ?」

      「いえ、すごく楽しかったです。珍しいものばかりで」

      「食材にサクがあったのは、ジローさんが選んだんですね、茹でておきましたよ」

      「やったあ、美味しいよジロー兄ちゃん。あとね、おじいちゃんに歴史の話してもらったんだよう」

      「ええっ?歴史?」

      「はい、300年前の大変化の話です」

      「ああ、貨幣撤廃の」

      「ええ、驚きました。そんな事が出来たなんて」

      「おじいちゃん、凄く歴史に詳しいんですよ。丁度よかったですね」

      「はい。そうだ、コーダさんがそのきっかけになった本が届く様に連絡してくれたんです」

      「新たなる旅立ちね。もうすぐ届くでしょう」

      「あっ、お父さん帰ってきた」

      「じゃあジローさん直ぐ夕食にしますから、少しゆっくりしていてください」

      「はい、じゃあ部屋に居ます」

      帰宅したオブリに挨拶をしてジローとフォルテは部屋に戻った。

       

      ベッドに腰掛けたジローはしばらく呆然としていた。

      「いい所だな、フォルテ」

      「ミュウ」

      「みんないい人だし、なんか落ち着くし。俺たちも元の世界に戻れないとしたら、ここで暮らす訳だけど、こういう世界でよかったよな。しかし僕に何が出来るんだろう?僕が本当にやりたい事ってなんだろう?」

      「ミュ?」

      「本当にやりたい事、、、、、、まいったなあ、、、判んない」

      「ミュウウウウ」

      窓から外を見ていたフォルテの鳴き声が変なので、ジローも窓の所へ行き、外を覗いた。

      「どうしたフォルテなにも居ないぞ」

      と言ったジローがハッとして山の方に目を凝らした。

      「霧だ!霧が出てる。もっ、もしかしたら!」

      一瞬頭の中が真っ白になった。

      気がつくとジローはデイパックに荷物を放り込んでいた。

      「フォルテ!行くぞ!」

      と言うとダダダッと階段を駆け下りながら

      「ユキナちゃーん」と叫んだ。みんなが驚いてジローの方を見ている。

      「ユキナちゃん!あの山へ連れて行って。今直ぐ!」

      「どうしたのジロー兄ちゃん」

      「霧だよ!霧があの山に出てるんだ」

      皆がジローがこちらの世界に来た時の話を思い出しハッとなった。

      一瞬その場が凍り付いた。

      「判りました。私の車で行きましょう」

      「私も行きます」

      全員が大急ぎで家を飛び出し山に向かった。

       

      車の中はしばらく無言だったが、たまらなくなったユキナがベソをかきながら

      「ジロー兄ちゃん、居なくなっちゃうの?」

      「ユキナ!」

      「さあ?どうなるか判らないけど、、、ジッとしてられなくて」

      「そうでしょう、自分の世界に戻れるかもしれないのだから」

      山に近づくにつれ霧が濃くなり、陽も沈んだのだろう、薄暗くなってもきた。車がユキナと出会った場所に着いた。みんな車から降りてあたりを見回すが何も見えないし何も聞こえて来ない。

      「これ以上暗くなると足もとが見えなくて危険でしょう。又の機会にされたらどうですか」

      「そうだよ、ジロー兄ちゃん。帰ろうよお」

      と言ってユキナがジローの腕をつかんだ時、

      「ミュウウウウウウ」

      とフォルテがうなりだした。全員がハッとしてフォルテの視線を辿った。

      「アッアー、アッアー」

      「赤目鴉だ!」

      霧の向こうに微かに二つの赤い光が見えた。

      「ごめんユキナちゃん!行ってみるよ。オブリさん、マルカさん、しばらく待っても戻ってこなかったら何処かへ消えたと思ってください。お世話になりました」

      「命の恩人が何をおっしゃるんですか、ユキナの事、ありがとうございました」

      フォルテはジローの肩から飛び降りて赤目を追いかけたくてウズウズしている。

      「フォルテ!今度は一緒だぞ。それじゃ。ユキナちゃん元気でね」

      ユキナは目にいっぱい涙を溜めてジローを見つめている。

      ジローとフォルテは赤目鴉を追って駆け出した。後ろの方からユキナの声が聞こえる。

      「ジロー兄ちゃーん、フォルテー」

       

      10曲目=第十章 Wasteland of Peat に続く


      | 小説「ストレンジ・ヴィレッジ」 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      10曲目=第十章 Wasteland of Peat
      0
         by 田村夏樹

        10曲目=第十章 Wasteland of Peat


        濃い霧の中、必死に追いかけるジローとフォルテを誘うかのように木に止まってこちらを眺めては飛び去る赤目鴉だが、なかなか追いつけず

        「くそ!駄目か」

        と思い始めたその時、身体が一瞬宙に浮いた。

        『やった!やったぞ!』

        足が着地した。

        立ち止まり、辺りを見回すジローの横でフォルテもキョロキョロしている。さっきほど濃くはないがまだ霧が出ている。ユキナたちの世界へ行った時は一瞬にしてカラリと霧が晴れて驚いたのだが。

        「ただの段差だったのかなあ?フォルテ」

        「ミュウ」

        「戻れたんだろうか?」

        しばらくその場に佇んでいると、霧がどんどん薄くなってきて視界が開けて来た。

        「山じゃない!」

        ユキナ達と別れた山とは全く違う景色が広がっている。そこは見渡す限りの荒野という感じだった。

        「戻ったのか?それとも又別の、、、、、うん?何か聞こえる」

        右の方から微かにゴーという音がした。

        「よし、行ってみようフォルテ」

        と言って肩をポンポンと叩く。フォルテがトットッと助走をつけて飛び乗る。

         

        足下は湿った土で、所々かなりぬかるんでいた。ジローは乾いている所を選びながら,音のする方へ近づいて行った。

        「車だ!あれは車の音だぞフォルテ!」

        しばらく歩くと舗装された道路に出た。

        『しかし車の音が同じだからと言って元の世界だとは限らないからなあ』

        ジローは期 待と不安が入り混じった気持ちで車が来るのを待った。少し途絶えていたがやっと右方向から大型のトラックが近づいて来た。ジローはフォルテをデイパックに 入れ、両手を大きく振った。ジローの前を通り過ぎたトラックが40メートル程先で止まった。運転席のドアに駆け寄ったジローが

        「すいませーん」

        と声をかけると、窓がスルスルと降り50歳前後と思われる運転手が顔を出した。

        「どうした兄ちゃん」

        「あー、あのう、道に迷っちゃって。邪魔じゃなかったら何処か駅まで乗せてもらえませんか?」

        「そうかい、もうすぐ暗くなるからな。乗んな」

        「ありがとうございます。あのう猫も一緒なんですけど、」

        「ほう、猫と旅行とは珍しいな。いいよいいよ俺も猫好きだから」

         

        ジローが助手席に座り、トラックが走り始めるとデイパックからフォルテが顔を出した。

        「ミュウ」

        「ハハア、これが相棒かい、名前はなんてんだい?」

        「フォルテです。あっ、僕はジローっていいます」

        「そうかい、俺はリョウジだ。で、何処まで行くんだい?」

        そんな地名は聞いた事ねえなあ、なんて言われたらどうしようと思いながら恐る恐る

        「あのう、東京なんです。正確には所沢なんですが」

        「ほう、やっぱり東京か、訛りがねえからそうじゃねえかと思ってたよ」

        ジローはとりあえずホッとした。そして思い切って聞いてみた。

        「あのう、ここは何処なんでしょうか?」

        運転中のリョウジは前を向いたまま少しエッ?という表情をして

        「おいおい兄ちゃん、大丈夫かい。道に迷うつったって、そりゃあすげえ迷い方だなあ」

        「あっ、はい。あの、色々あって」

        「まあいいや、俺にゃあ関係ねえからな。釧路だよ。北海道の釧路」

        「釧路。じゃあさっき居たのは湿原だったんだ」

        「ああ、何もできねえ泥炭の原っぱよ」

        気味悪がられてトラックから降ろされるかもしれないと思いつつ、ジローは又思い切って訊いてみた。

        「あのう、今って何年でしょうか?」

        さすがにギョッとしたリョウジがジローの顔を覗き込み、慌てて又前を見ながら

        「どこかですっころんで頭でも打ったのかい、兄ちゃん」

        「えっ、いえあの、あー、とても信じてもらえないと思うんですけど、実は凄く不思議な事があって、、、」

        「オオッ、いいじゃねえかいいじゃねえか。退屈しのぎに聞こうじゃねえか。ちなみに今は平成17年。2005年だ」

        「やったあ!やったあ!戻れたんだ!戻ったぞフォルテ!」

        「ミュウ?」

        「おお、こりゃあ面白そうだな兄ちゃん。俺も東京へ戻るとこだから所沢まで乗って行きなよ、まあゆっくり聞こうじゃねえか」

         

        アパートの階段を上りながらジローは思った。

        『この階段を降りて始まった不思議な旅、まだ一週間も経っていないんだ』

        ドアを開け、部屋に入る。

        「なんだか何ヶ月ぶりって感じだなあ、フォルテ」

        ドッと疲れ が押し寄せてきた。そのままベッドに倒れ込んだジローはあっという間に寝息をたて始めた。枕元でフォルテもウトウトし始めた。しばらくしてフォルテがビ クッとして目を覚ました。ジローの左手首に着けられたままの『デンテ』からかすかに何か聞こえてくる。ジローは全く気づかずスースーと寝息をたてている。 フォルテはデンテに顔を近づけると聞き耳をたてた。そして懐かしそうに

        「ミュウウウ」

        デンテからは、ザーという雑音の向こうから、かすかな声が聞こえた。

        「ジロー兄ちゃーーん! フォルテーー! 」

         

        | 小説「ストレンジ・ヴィレッジ」 | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |